本文へ移動

トップページ

節分祭限定御朱印紙のご案内(2月1日~2月末日まで)

節分祭追儺式限定御朱印紙(貼り付け用)のご案内

明治30年以来、124年ぶりに2月2日が節分です。
2月1日より2月末日まで頒布致します。神社名・日付は全て直筆、浄書しています。【※時勢コロナ禍の為、特例で期間を長く設けています】

氏子青年会『維蘇志会』の原和人氏に描写いただいた武者姿の当宮創祀者 河野通次が槍で「災」「厄」を突き破る様をモチーフにし、臨時巫女の女子高生がデザインしたお多福と鬼も背景にあります。

※見開き用(左図)

【追記】
2月11日建国記念の日に紀元祭限定ご朱印紙(見開き)を頒布致します。(無くなり次第終了)

正月(1月)限定御朱印紙のご案内(大晦日~3月31日まで)

正月(1月)限定御朱印紙(貼り付け用)のご案内

年の変わり目、納詣と初詣も加え直筆しています。
大晦日より3月31日まで頒布致します。神社名は全て直筆、浄書しています。
氏子青年会『維蘇志会』の原和人氏に描写いただいた楼門、門松、彦島の夕日をモチーフにし、除夜の「納詣」と元日の「初詣」を浄書した限定のご朱印紙を初詣期間を長く設け3月いっぱい頒布致します。

※見開き用(左図)と半分サイズの2種類ご用意します。

【追記】
2日から浄書準備出来次第、宮司謹筆『書初め額縁』を頒布致します。(数量限定)

宮司謹筆 書初額縁『幸紐(こうちゅう)』頒布について

宮司謹筆 書初額縁『幸紐(こうちゅう)』+正月花手水ご朱印紙セット頒布開始(1月2日~無くなり次第終了)

額縁に入れ本年の十干十二支に思いをはせた宮司造語
宮司謹筆書初(かきぞめ)額縁『幸紐』に正月花手水ご朱印紙を添えて頒布します。
1月2日は年中行事である書初。
御神水の若水で摺った硯で、書初には本年の干支の組み合わせ「辛丑」に肖った『幸紐(こうちゅう)』を、正月花手水ご朱印紙には『則神去私』を恵方に向かい未明より宮司が直筆致し限定頒布致します。

※何れも単独の頒布ではなく、併せての頒布になり、無くなり次第終了となります。ご了承下さい。

令和3年(辛丑)干支・年齢(数え歳)早見表

令和3年の数え年 年齢早見表です。
厄年・年祝をご参照下さい。
厄祓いは誕生日を迎えるまで待つのではなく節分祭(2月2日)までになるべくお受け下さい。


★八方塞がりについて

 皆様一人一人の生年月日により九つの星“九星”に区分され星回りが存在します。中央を基点に、北、北東、東、南東、南、南西、西、北西の方角をめぐり、九年に一度中央に入ります。これが八つの星(方位)に囲まれた状態である八方(はっぽう)塞がり(ふさがり)です。不安定な年とされ、より注意をしなくてはならいない年です。

 八方除けの祈願や方位除けの御守をお受けになられ、御神慮を恐れみ慎む事をお勧め申し上げます。

 本年は以下の(ろっ)(ぱく)金星(きんせい)の方が該当致します。

昭和6年、昭和15年、昭和24年、昭和33年、昭和42年、昭和51年、昭和60年、平成6年、平成15年、平成24年

新着情報とお知らせ

彦島八幡宮
〒750-0092
山口県下関市彦島迫町五丁目十二番九号
TEL.083-266-0700
FAX.083-266-5911
TOPへ戻る