本文へ移動

トップページ

9月限定御朱印紙のご案内(9月1日~9月30日まで)

9月限定御朱印紙(貼り付け用)のご案内

上図:半面 / 下図:見開き両面
9月1日より9月30日まで頒布致します。神社名・日付等は全て直筆、浄書する書置きのご朱印紙です

9月9日五節句の一つ「重陽(ちょうよう)」と9月21日「十五夜」の菊と月をモチーフにした2種類のご朱印紙です。

半面用は毎年当宮に奉献される菊花を背景に『春蘭秋菊』という美しい語句を認め、両面見開き用は昨年の中秋の名月と楼門を背景にし、当宮創祀者 河野通次が保元の乱でお味方した縁故深き崇徳院(第75代崇徳天皇・上皇)の御製を認めたご朱印紙です。

『見る人にもののあわれを知らすれば
        月やこの世の鏡なるらむ』(崇徳院)
左図

※1ページ用の月限定夏詣ご朱印紙もございます

※花手水(18日)にあわせ1ページ用の秋分限定ご朱印紙も奉製予定です。【~10月8日 秋分最終日まで頒布】

花手水のお知らせ

花手水の開催のご案内

※上図は今回の花手水です
9月18日(土)から9月20日(月)期間限定花手水を開催します!(23日秋分の日迄延長できそうです)

この度はより多くの種類を用いて、カラフルな花手水にする予定です。

※9月17日、5時頃には準備完了予定です。お花の状態にもよりますが、暑さが和らいできましたので、23日秋分の日まで延長できるかと存じます。

秋分花手水限定ご朱印紙のご案内【~秋分最終日10月8日まで】

秋分花手水限定のご朱印紙です。

9月18日(土)~10月8日(金・秋分最終日)まで頒布します。

「敬神崇祖」
を浄書し、祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ秋分の日に因み認めています。

花手水ご朱印紙(貼り付け見開き用)のご案内

花手水ご朱印紙のご案内(~令和3年12月末日まで)

花手水を背景にした当宮オリジナルのご朱印紙です☆
龍の口から神水が出る『花手水舎』『龍神」をモチーフにした華やかなご朱印紙です。(※常時頒布しています)
中央に社名を、左右に浄明正直 喜色満面を浄書しています。

らかで、るく、しく、真っぐな誠の心をもって日々お陰様という謙虚と感謝の日々を過ごしましょうという思いと、早くコロナ禍が収束し、元の日常のように心の底から笑え、びの表情でち溢れる日々を迎えられますようにという願いが込めれれています。

令和3年(辛丑)干支・年齢(数え歳)早見表

令和3年の数え年 年齢早見表です。
厄年・年祝をご参照下さい。
厄祓いは誕生日を迎えるまで待つのではなく節分祭(2月2日)までになるべくお受け下さい。ご都合により節分が過ぎた場合でも、お参りいただければ、お祓い致します。


★八方塞がりについて

 皆様一人一人の生年月日により九つの星“九星”に区分され星回りが存在します。中央を基点に、北、北東、東、南東、南、南西、西、北西の方角をめぐり、九年に一度中央に入ります。これが八つの星(方位)に囲まれた状態である八方(はっぽう)塞がり(ふさがり)です。不安定な年とされ、より注意をしなくてはならいない年です。

 八方除けの祈願や方位除けの御守をお受けになられ、御神慮を恐れみ慎む事をお勧め申し上げます。

 本年は以下の(ろっ)(ぱく)金星(きんせい)の方が該当致します。

昭和6年、昭和15年、昭和24年、昭和33年、昭和42年、昭和51年、昭和60年、平成6年、平成15年、平成24年

新着情報とお知らせ

2021-03-30
彦島八幡宮
〒750-0092
山口県下関市彦島迫町五丁目十二番九号
TEL.083-266-0700
FAX.083-266-5911
TOPへ戻る